歌う時の染矢敦子が、普段の私と全然違うのは有名な話で…。
 
 例えば、染矢敦子主催のイベントでスタッフの人から、
「お願いしま〜す」
とチラシを配られるのは毎年のこと。
 ステージ終わって、友人の席に行くと
「もう別人になっと〜!!」
と指差されて笑われるし、郵便局で郵便物の差出人を見た職員の方に
「あの〜。犬の歌を歌ってる、白いドレスの…あの染矢さんではないですよね?」
と言われ
「そうです〜見て下さったんですか?ありがとうございます。私普段全然違うんですよ〜」
と言って、職員の方全員に苦笑いをされるし、地元の大分で歌った時
「また帰って来てね〜!!」
と真ん前で応援してくれた若者達に、その後、受付で
「誰を見に来たんですか?」
と言われたり…二度見三度見当たり前、恐る恐る「本人かな〜」と声をかけてもらえるだけ良い。本当に気付かれない。


 他にも色々、面白いエピソードを書いてきたけど、究極かも?!って思える感想を聞いてしまった。

 この前、ライブに初めて来てくれた希望ちゃん

希望「もう全然違いますね〜。まだ信じられないくらいです。架空の人物だった??って感じですよ〜。」
私 「よくいわれるちゃん。」
希望「アニメみたいですよ。あの魔法で変わるアニメ。別人みたいになるの。何だっけ?」
私 「ひみつのあっこちゃんみたいなの?」←古い(^-^;)
希望「そうそう。でも、それよりすごいですよね。だってこっちは、現実ですから!」

 そんなにも?!

私 「他に何があるっけ?あっ!セーラームーン!!」←やっぱり古い?!
希望「ん〜。セーラームーンは、普段からオーラ出てますからねえ。もっと普段はオーラゼロのアニメですよ。」

普段の私は、オーラゼロ?!

希望「歌ってる染矢さんは、すご〜くかっこ良くて鳥肌立ちましたもん。すごかったです!終わった後も、話しかけれない感じでした。普通に握手してください!の世界でした。普段の染矢さんだったら、あ〜また来たの〜いらっしゃいみたいな感じですけど…。」

希望「私、歌ってる染矢さんを最初に見て、もし道で会っても絶対気付かないですよ!間違いないです!!」

そんな染矢敦子を見たい方は、是非ライブにお越し下さい(^-^;) ←宣伝になってる?!