久しぶりに犬のお話を…

チロ

今から17年ぐらい前のこと。。。
私の実家がある田舎に、二匹の犬が現れるようになった。

一匹は、まだ子犬で、よく似ていたのでたぶん親子だろう。
当時、実家にはチャムというオス犬がいた。それと祖母があまり犬が好きではないのもあり、その二匹をうちでは飼うことが出来なった。

両親は「親子なら一緒がいいだろう」と二匹を一緒に飼ってくれる場所を探していた。でも、なかなか見つからなかった。
その間、二匹は田舎を放浪していた。

そんなある日…実家の車庫に二匹がいた。
子犬は大けがをしてぐったりいた。傷口はカマで切られたような傷だったらしい。

ほっとける訳が無い。
それを二匹は知っていたのだろうか。。。
この家なら助けてくれる…そう思ったのだろうか。

二匹を保護し、簡単な治療をした。
次の日まで持つかどうか…そのぐらいひどい傷に見えたそうだ。

次の日の朝、様子を見に行くと、子犬はケロッと元気になっていた。
父が笑いながら「赤チンを塗ったら元気になった」とへらへら笑っていた。
深く物を考えない人だと、子供の頃から父のことを思っていた。本当は、心配で仕方なかったけれど、父はそういう所を人に見せない。そのことに気付いたのは、もっと後になってからだ。

チロ

窮地に追い込まれた時、本能はきっと光を探す大きな力を持つ。

救いを求めて来た犬たち。
「ここしかない」
我が子を助けたい母親犬の願い。
それを受け取った人間たち。

「もう犬は飼わない」と言っていた両親。
ものすごい犬好きという訳でもない。自分たちの行いを美談として語ることもない。
私も捨てられた犬たちがガスで処分される現実も知らず、ワンワンライブも初めていなかった頃。
ただ目の前にやって来た命を引き受けた。家族として迎え入れた。

「怪我して来たから、しょうがないわあ」と母も笑っていた。

その日から、母親犬は‘メイ’
子犬は‘チロ’になった。

つづく

 *

写真は、成犬になったチロです。