チビ

それは、ライブの日。
本番2時間半前のこと。

私は、お化粧をしていた。そこに電話が鳴った。母からだった。
何となく「出ないでおこうかな…」そう思った。
一瞬、ためらって、でも私は電話に出た。

予感というのは、当たる。

これから本番なのに、涙が止まらなかった。その場から動けなかった。
「チビの為にも歌ってあげて」
母は言った。

時間がなさ過ぎる。
この気持ちをどうしたら良いんだ。


チビ

私はシンガーソングライター。
お金と時間、心や色んなものを使って、皆さん歌を楽しみに来て下さるんだ。何かを求めて。。。
だから、私はその時の自分の感情をお客様にぶつけると言う歌い方をしてはいけない。すでに私の歌は、わたしだけの物ではない、そう思った。

ただ、ただ、ただ…ありがとう。チビありがとう。
悲しみを「ありがとう」その感情だけに変えて、体も心も全部「ありがとう」でいっぱいにいて、私は涙を止めた。

車で、会場に向かう間、何回も犬の散歩に出会う。
今までは、ただにっこり見ていた、その光景に一々胸が締め付けられて、泣きそうになる。
その度に「ありがとう、ありがとう」心の中で繰り返した。

会場に着くと私はずっと笑っていた。
チビの写真をキーボードの上に置いて、感謝の気持ちだけで歌を歌った。

アンコール曲を歌い終わった瞬間、胸に込み上げる想い。涙が込み上げて来た。
その日は満席だったので
「感激で胸がいっぱいです!」私は言った。
心の中では
「頑張ったよ。チビ!お姉ちゃん、頑張ったよ。ありがとう!チビ、ありあがとう!」
繰り返していた。

皆さん、ニコニコしたり、涙ぐんだりしながら、拍手をしてくれた。
後で、一人にだけチビの話をしたら「全く気付かなかった」と言われた。
良かった。悲しみをまき散らさなくて良かった。

その日、感情と言うものを、自分の力でコントロール出来ることを知った。
それと同時に、すべての人達への愛情が生まれた。
愛犬を失った日、それでも笑っている自分がいた。自分だってそうなんだから、今、笑ってる人たちが何を経験し、まさに今、どんな思いを抱いているのか分からない。

チビ、ありがとう。
お姉ちゃんは大丈夫。伝えて行くからね。
チャム、メイ、チロときっと会えたね。
頑張ったね、ありがとう。。。
16年、ありがとう。。。
おうちに光をありがとう。。。