チビ

生まれた時から一緒にいるお姉ちゃんが突然いなくなった。

チビは、いつも遠くを見ていた。
「どこにいるの?」
「いつ帰ってくるの?」
チロを待ち続けているように見えた。

一番甘えん坊さんで、まるまる太っていたチビが大人しくなり、どんどん痩せていった。

チビチビ

チビチビ

そんなチビに、「犬は犬」と言っていた父が変わっていった。
可愛がらなかったわけではないけれど、父の中に明らかに見え始めた「いのちへの愛情や慈しみ」
チビもその父の愛情に答えるように、父にべったりになっていった。
夜も父と一緒に寝るようになった。

チビ

父の顔も、チビの顔もどんどん変わって行き、笑うのが苦手な父が笑うようになった。

チビ