保護施設に入りきらなくて、代表の方のおうちに7匹の犬達と一緒にいるみたいです。
とってもお利口さんだそうです。

元気にしてるようで、数日の命と言われていたけども、まだまだ元気でいてくれそうな予感。

保護された方からのメールに
「わが家の犬ではないけれど、やっぱり私の犬です」
って書かれていて、何だか泣けてきました。

このことで、その方は色んな出会いがあったみたいです。
保護施設に繋いでくれた数人の方とお友達になったり
離れて暮らす妹さんとまた心の交流があったり
苦手だったはずが、犬好きだと気付いたとおっしゃってました(笑)

私も色んな出会いや感動や感謝や、また学びや気付きもありました。

伝えるしかできないけど…
それで救われる命もある。

みんな、できることをしていこうね。
まずは、あなたと、あなたの回りの命を大切に☆