0418-05

数年前にチラシを見てお電話を下さって
撮影をさせてもらった「ノエルくん」に会いに行ってきました。

一回、書いたのですが
ノエルくんとの出会いも運命的☆

 *

私は、ワンワンライブで命の大切さを伝えていますが
ある時、大きな会場でのペット博みたいなイベントで
ワンワンライブをしてほしいと依頼がありました。

捨てられ処分される犬たちが多いことも
そのライブで伝えています。
決して楽しいだけのライブではないし
伝えたいメッセージから、犬猫の販売があるイベントには
出演できないこと
思いなども話させて頂き、それでも良いと出演することになりました。

それが。。。
行ってみると、ステージ脇に、販売コーナーがあったんです。
縦長の段ボールがたくさん並べられていました。

泣きそうになりました。
カップルが子犬を見ています。
その女性の方に手渡されたのは、ブードル。
小さな女性の手、それも片方の手のひらに軽く乗る
小さな、小さな子犬でした。。。

まだ、親犬から離れちゃいいけない時期です。

そして、会場にいる犬達。
みんな暗い目をしています。
衛生的にもよくなさそうだし
子供たちに、ひっぱり回されたりしている小さな犬たちもいました。

悲しみを通り越して
怒りが。。。。

歌えるのか。。。
大好きな犬達が、悲しんでいる。。。

0418-07

でも、だから歌わなきゃいけない。
いつも通りのワンワンライブをする。
処分された「茶色」の歌も歌う。
「捨てないで。命だよ、同じ、あなたと同じ命だよ」って伝える。

そして「祈る」という歌

 祈る どうかあなたの未来が幸多きことを
 愛してくれる人に出会えますように

そこにいる犬達に、精一杯の思いを込めて
祈りを込めて歌いました。

そしたら。。。
もうお分かりですか?
ノエルくんは、そこで売られていたプードルなんです。

幸せになって、再び、私の前に現れたんです。

先住犬のげんちゃんを亡くされて
ある時「もういいよ」って声が聞こえた気がしたそうです。
普段、ペットイベントに興味のないご家族だったそうですが
チケットをもらったか何かで
ちょうどご家族が揃われてる日で
そして、さらに何故か皆さん、お風呂に入って、その場所にいかれているんです。

何だか、不思議で、神聖な感じですね。

そこで、ノエルくんと出会い
私が歌っているのも、ちらっとだけ見たそうです。
その一日で、私が歌っていた時間は30分ぐらい。
ちょうど、その時間に来られてたんですよね。

その次の次の年
その人とこの人(笑)が同じ人とは全く思わず
動物病院に置いてあったチラシを見て
写真を撮ってほしいとご連絡を下さったんです。

0418-27

奇跡のようなことが、ワンワンライブではよく起こるんですよ。
犬達、きっと応援してくれてるんですね(^-^)

ノエルくんもお母様もお元気でした☆
一度じゃなく、また会えるって嬉しいですね。

 *

そして、そのノエルくんママが、パソコンに詳しい人がいるって
私を紹介してくれたのが、今では染矢あつ子応援団の(笑)陶雅堂さん。
この前のめがね物語さんも彼女から繋がったし
他にもたくさんご縁を繋いで頂いてるんです。

たどっていくと、ステキなご縁は、「歌」か「犬」の始まりなんです゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆