0726-2

ラーメンの出前せかする間違ひ電話に
もうつく頃と吾は答ふる



今日は大好きな祖母の誕生日。
子供の頃から、大人になっても
何度も何度も祖母には助けられています。
何も言わなくても、不思議とぴたりとした言葉をくれるんです。

祖母は歌人です。

数年前から、耳が遠くなり
電話では話がほとんどできないので
一、二ヶ月に一回、ハガキを送っています。
私の撮った写真のハガキです。

今日は誕生日なので電話。

やっぱり全く話がかみ合いません(笑)
何度か言って、やっと通じました。

「ばあちゃん、誕生日おめでとう」
「あ〜そうね。今日は、ばあちゃんの誕生日ね。」
って(笑)ウケてしまいました。
今日で90歳です。

「いつもハガキありがとう」
「子供たちは元気?たくとと風音」
ハガキの返事は最近もうないけど、そう言ってもらえたのが
またすごく嬉しくて
犬たちのことを言ってもらえたのもとっても嬉しかったんです。


私が最も尊敬する祖父の妻である祖母。
あんなに強くて、優しくて、揺るぎない祖父に愛された祖母は幸せものですよね。
その分、一人の孤独も計り知れないけれど…。

祖父が応援し、続けることを励まし続けた祖母の短歌。

「ラーメンの出前せかする間違ひ電話にもうつく頃と吾は答ふる」

祖母らしくて、一番好きな短歌です。