ボール、たくとと3

愛犬たくとの数少ない友達だったマルク。
マルクも虹の橋に旅立ちました。

マルクの飼い主さんとは、2003年ワンワンライブを始める時に知り合いました。
ライブのこと、チラシのこと、告知、集客
いろんなことを手伝ってもらったり
犬のいろんな話もしてきました。熱く語り合った時期もありました。
お互いの環境が変わり、あまり会うことはなくなりましたが
私にとっても数少ない友人の一人です。


マルクの笑顔と飼い主さんの犬への愛情から生まれた歌
<笑う犬>

毛だらけ天使という言葉を初めて使ったのも、この歌でした。

「虹の橋が歌になったらいいな」
マルクの飼い主さんの一言から生まれた歌
<虹の橋>

感謝を込めて、この映像を作りました(⌒-⌒)


明け方前、先週ワンワンライブに来てくれたハナちゃんも虹の橋に旅立ちました。
子犬の時から何度も何度も会っているなづちゃんも8歳で…。
チャムの命日は4/5
もう一匹のたくとの友達ゴンもたくととほぼ同じ時期。

犬の知り合いが増えると、こんな悲しい日も増えます。
けど、みんながきっと虹の橋で遊んでると思うと心が少し軽くなります。

みんなにも届くように
みんなから大切な飼い主さんへのメッセージが届くように
私は歌い続けるからね。
今日は虹の橋へ向けて、ここから歌を歌おう♪





『笑う犬〜マルク編〜』

しっぽを振って swing swing
耳を倒して fine fine
お鼻を舐めて love love
笑ってる 笑ってる

笑う犬マルク
お口を横に広げて 笑う笑う笑う

だけどマルク 先天性の病気でね
目が少しずつ見えなくなるんだ
怖いよね?不安だよね?

だけどマルク 文句も言わないでね
人に八つ当たりもしない
自分の運命 静かに受け止めて
笑う笑う笑う

飼い主さんは言うんだ
「犬は素敵な生き物 
一生かかっても犬にはかなわない」
だからマルク笑う笑う
ポッピーに飛び蹴りされても笑う(?)

犬はみんな笑うんだ
飼い主次第!
毛だらけ天使!


『虹の橋』

ほら雨が上がる
見上げて
虹だよ
キレイ...偶然の神秘
奇跡の光
手をつないで見よう

そうだ
虹の橋のお話してあげよう
天国の手前にある虹の橋
死んでしまった動物達がいる

緑の草原はいつも春のよう
暖かく心地よく
動物達が走る
みんな仲良しで
みんな元気だよ
楽しそうに遊んでいるよ

でも時々ちょっぴり寂しそう
大事な人を残して来たから
雲の下をのぞいているよ
「泣かないで また会えるから」


ほらあの雲の向こう
転げ回る 前足でパンチ
ここまでおいで 追いかけっこ
疲れたら寄り添って眠る
いびきも聞こえてるよ

あなたの大切なあの子もいるよ
いつかそこで
あなたと会える日を待ってる

あの子は悲しんだり
あなたを責めたりしてないよ
ただ待ってるよ
今もあなたを思っているよ

だからねえ
あなたも毎日を楽しく生きて
あの子がくれた宝物
涙で曇らせないで

あなたが笑ってること
それがあの子の一番うれしいこと
悲しくなったら思い出してね
光溢れる虹の橋にあの子はいるよ


笑う7