0101-04



『またここで逢える』

雲のない日は一人でいたくなくて
電話一本
10万キロのポンコツ

目的地も決めないまま
何でもないことに笑い合っていた

昼も夜も関係なくて
恋人がいたって
平気で二人で遊んでた

ずっと続くような気がしてた
卒業が僕らを引き裂いても
またここで逢える
誰も変わらないと思ってた
生活が僕らを追い立てても
またここで逢える

逢えるから


出席だけで教室抜け出した
なんとかギリギリ卒業が決まった

駅にはいかない
だって泣きそうだから
これで青春 終わるわけじゃないよ

昼も夜も関係なくて
明日も気にせず
平気で朝まで騒いでた

絶対!幸せになろうぜって
指切りで僕らは約束した
またここで逢おう
通り過ぎるだけなんかじゃない
いつまでも僕らは友達さ
またここで逢おう

逢えるから


昼も夜も関係なくて
何にも属さない未完成な僕ら
ピカピカさ

ずっと続くような気がしてた
卒業が僕らを引き裂いても
またここで逢える
誰も変わらないと思ってた
生活が僕らを追い立てても
またここで逢える

逢えるから


***


先日、大学時代の友人が子どもさんの小学校に呼んでくれて
帰りにこの歌が頭を流れていました♪

また逢えました*:.。☆..。.(´∀`人)


そして、数年前に久々に再会した大学時代の先輩が、また転勤で福岡を離れます。
そんなこともあって、歌詞をアップします♪

あの頃の仲間と作った1stアルバム「うれしい〜時の顔〜」に収録されています。

またここで逢える
作詞:染矢敦子/作曲:池田進治