P8124868


今日はお盆というより、私にとっては祖母の誕生日。

毎年
「おめでとう」
「ありがとう」
と言い合った日。

昨年の今日が最後のおめでとう。
90歳の誕生日の2日後に祖母は他界しました。

あっ…他界って言葉、はじめて使いました。
なんでだろう。ふと…。


最近へんてこな短歌をふと詠んでしまうのです。
やっぱり、うたびとの孫ですね+.d(・∀・*)♪゚+.゚
へんてこ過ぎて、自分で大笑いしています。
ばあちゃんも聞いてたら、笑ってるだろうな〜


日々よく祖母や祖父のことは思い出すのですが、今日は特にかな。
なんとなく朝から、ぼーっと過ごしています。


ベランダのバラの花が咲いていたので
祖父と祖母の写真の前に飾りました。
仲良しの二人にぴったり、ちょうど2つ咲いていました。


いつから言ってないかな。
この言葉を祖父と祖母に言いたいな。

じいちゃん、大好き。
ばあちゃん、大好き。


そしてぎゅって抱きつきたいな。



**うたびと祖母の短歌です**

狭心症の発作覚えし日より夫の名刺とニトログリセリン胸にす

母さんと吾を呼ぶ子等の居る限り命は愛(を)しみ生きんと思ふ

オリーブ油小豆島にて購ひぬ農に嫁ぎし娘のために

良き歌をわれは詠みたし管公の飛梅の枝に神籤を結ぶ

吾が背丈越えたる孫の肩抱けば丸き顎のまだ幼かる