P2241491
頂いたお菓子です。



マンションの真上のご夫婦と子どもさんがお引っ越しされました。


引っ越して来られた日にまず
「子どもがいるので、うるさいかもしれません。すみません」
って挨拶に来てくれたんです。
まだお若くて、ニコニコしたご夫婦とちょっと人見知りの女の子。

なので私も言いました。
私は音楽の仕事をしてるし、犬が2匹いるので、うちもうるさいかもです。
気にされないでくださいね〜


うちのマンションは防音がいいのか、ほとんど音は聞こえないのですが
床の音って下に結構、聞こえるものですね。

子どもさんのお友達が遊びにきた日は、さすがにすごかったです(笑)


マンションの下で会う度に「うるさくて、すみません!」
と恐縮され、聞こえないと言うと嘘になるので
「いいですよ〜子どもさんですから」っていつも言っていました。


一度こんなことも言ったことがあります。
「遊んでて、下に音がうるさいからって怒らないでくださいね。
 よっぽどの時とか、静かにしてほしい時は言いますから。」

遊んでて怒られるって記憶を植え付けたくないなって思ったんです。


私はいつの間にか
自分に自信がなくて
人の目に怯え
楽しんだり調子に乗るのが怖くなって
自分の望むもの、楽しいと思うものが分るまでにすごく時間がかかったので

私の存在、私が絡むことで
その子の「のびのび」をなくしたくないなって…
考え過ぎですね(笑)
けど、これが私。
だから生まれる歌がある。


そして先日、お引っ越される時
「迷惑かけたから」とお菓子を持ってきてくれていたんです。
あいにく出かけていて、会えなかったのですが
もう会えなくなる人に、そんなことをできるご夫婦って素敵だなって思いました。


子どもさんにとって
小さいけど「あなたは、あなたでだいじょうぶ」を少し守れたかな
なんて
違うかもしれないけど、勝手に温かい気持ちになっています。


先に「うるさいかも、すみません」って謝ってくれてると寛大な気持ちになれるし
私だって、ご近所さんに迷惑かけてるかもしれないし
自分だけが我慢すればとかではなくて
本当に困る時はまた言葉を選び、伝えればいいし
お互い様っていうか
その都度対処すればいいというか
…なんだか、こんな感じって良いな〜って思うんです。


素敵なご夫婦☆
最後にもう一度お会いしたかったな。

いつかすくすくと明るく育ったその女の子にもまた会えたらいいな〜♪

できれば…
歌を聴いてもらえる日が来るといいな♪