0408-09
家族で行った植物園。入り口で迎えてくれた桜です。
大切な時間だから、この写真を使いました。




詩は2008年、曲は2012年

2013年3月にミュージックビデオを作り始めて
桜の写真に自分の中のOKがでなくて
今の完成になりました。

ここまでに6年ですね(⌒-⌒)


私自身が何度も見たくなるものができたと思います。
写真を撮った時の気持ちも全部大事なものを選びました。


この歌のギターも大好きなんです♪

リハーサルやコンサートでは
ギター1本だったのですが
レコーディングでは2回、音を重ねて…

たまらなく好きです☆.。.:*・゜

そしてレコーディングの後、音チェックをして
「あ〜この声、好きだな」って初めて自分の声に思いました。


詩を書いた時のことを思い出してみると
『桜』と心に思い、集中して
そこから浮かぶ言葉をそのままノートに書いていった感じです。

読み返したとき
「桜から、私たち人間へのメッセージみたい」
と思いました。

『桜』と言う歌はたくさんあるけれど
桜からのメッセージの歌って珍しいかなって思います。


祖母が亡くなったあとに
この歌を最初に聴いた時
立っていられないぐらいに泣き崩れました。

祖母から私へのメッセージのように感じられたんです。

桜だけでなく
私たちはこんな風に、どんなときも
見守られ、愛されているのでしょうね。


辛いとき、この歌が頭の中に流れ、私は何度も励まされてます。


私の存在や、私の歌が
そんな風であればいいなと思いながら
私は言葉を書き、写真を撮り、歌を歌っています。





桜/染矢敦子

いつもここで見てる
愛も憎しみも怒りも優しさも

それはただの出来事なのに
人は悲しんだり喜んだりしてる

ここへおいで
ここで泣けばいい
いつもここにいる


流れて行く人々よ
老いも成長も人の言葉も評価も

決してあなたを変えはしないのに
どこへ行くの?あなたの心に聞けばいい

生きていて
夢叶う力がある
私は知ってる


いつもここで見てる
明日も明後日も春夏秋冬

花が咲かない時もある
でも時は巡り喜びに涙する時が来る

ここへおいで
いつか愛する人を連れて
花びらと共に祝福しよう
すべての命を祝福しよう

ここへおいで
素顔のままで
いつもここにいる




**You Tube 再生リスト**

染矢敦子 ミュージックビデオ
・桜
・ニライカナイ
・ありがとう〜愛するあなたへ〜
・さあ手をつなごう
・CDダイジェスト(光の種、いいよいいよ、葉っぱと星と犬と僕、こっちもいいよ)など

染矢敦子 ライブ映像
・あなたとボクの約束(犬たちとステージへ)
・私の中へ 
・やさしい風 など

染矢敦子 犬のうた
・大好きを叫ぼう〜そうさ、ペットロスなのさ〜
・笑う犬
・虹の橋 など