84



昨日『人の言葉に傷ついてしまうあなたへ』
にも書いたように

どうしても直らない自分を責める癖(´-ω-`;)ゞ
わかっちゃいるけど〜止められない〜
が私も長く長く続いていました。


そんな私だから生まれた「だいじょうぶ だいじょうぶ」という歌♪

マイナスに見えるものの中でしか生まれないものもあって
それが自分や誰かを励ますこともある。

昨日も書いたけど『両面』があるんですよね。

(次は両面の話を書こうかな♪)

だから本当は良い悪いじゃないんですよね。
人の言葉を気にすることも、自分を責めることも…


ただ自分が苦しいのよね。

苦しくて苦しくて、なんとか穏やかに生きたくて
たくさん本も読みました。
カウンセリングやスピリチュアルやセミナーや占いに行ってみたりもしました。
その時は分ったような気がするんですけど、何かあるとやっぱり自分を責めるんですよね。

自分自身のことを見つめ続け
色んな人の体験談、悩みも聞きました。

そして、コンサートやお話会で、多くの人に伝えるということをする中で
整理され、見えてくるものがありました。


それは自分を責めてしまう癖は
子供の頃についてしまった場合がとっても多いということ。
私もそうなんだと分りました。

人それぞれ違うし、とっても深いことなので
ここで具体的には書きませんね。


けど分ることと、できることは違うんですよね(笑)
やっぱり小さなことでも自分を責めることを繰り返す日々。


それがある時、やっぱりふと…
「あれ、最近あんまり責めなくなったなあ。」って気づく瞬間が来るんです。

責めて落ち込んでも立ち直りが早い。


あれ?なんだろう?

理由は一個ではないと思うんです。


癖の始まりが分ったこと(しかも勘違いしてついた癖)
物事には両面があること

それから…
私を変わらず信じて大切に思ってくれてる人がいると気づいたこと
おとぼけちゃん、愛されていることを知ってる優輝が来たこと

その二つ、大きいと思うんです。
やっぱり日常なんですね。

本音で関わり、心底信じ、たくさん笑う。

あ〜シンプルですね。
大切なことって、きっとシンプルなんですよね。

自分の中で難しくしているだけ。


まだ時々やってくる自分を責める癖、落ち込む癖にも
「なにしとんねん?」
メンドクサイ自分に突っ込みを入れて、大笑いして
そこから抜け出せるようになってきました。
時には歌ってみたり、踊ってみたり♪

ちゃんとできないこと、人と違うこと、ダメだな〜って思う自分も
笑い飛ばしてみたら、軽くなるんですよね。


笑うって、やっぱりすごいんですよね。


※自分を責めてしまうことについて書いています。
別のテーマから書くとまた別の捉え方もあるし、みんなに当てはまるとも思っていません。
自分を責めることの中にある甘えや逃げ、くだらなさなど…様々な指摘もあると思いますが、今回はそういうことには触れず、あくまでも小さな世界、私の経験と今、書きたいと思ったことを書きました(´∀`)


 

***



「だいじょうぶ だいじょうぶ」の中の歌詞

あなたは悪くないから だいじょうぶ

歌が生まれたとき
そもそも始まりから泣いていたのが
その歌詞のところでは嗚咽になるくらいボロボロ泣きました。


私がきっと一番聞きたかった言葉なんだと思うんです。


悪くないという言葉は
自分を正当化したり、人のせいにする時に使われる場合もあるから
なかなか使うのは難しいけど

自分を責め続けて来た人には、とってもとっても大切な言葉だと思うんです。


「あなたは、あなたでだいじょうぶ
 あなたは悪くないよ」

そんな風にあなたを愛し見守ってくれてる人が
きっとそばにいるんですよね。
気づくと世界が本当に変わって見える。

ま〜それが難しいんですけどね。
身近な人ほど、素直になれなかったりね〜ヽ(*≧∀≦)ノ


だから
「あなたは、あなたでだいじょうぶ
 あなたは悪くないよ」
って私は何度も何度も言い続けます。

小さいけどきっかけになるかもでしょ♪


まず自分を認めて、それから努力したり、工夫したり
変わっていけばいい。

自分を認めないまま、嫌いなまま、ダメなやつだと思ったまま
努力するのとは、大きく違う。


結果も違うと思うし、何より心が違う。

芋づる式に☆⌒v⌒v⌒ヾ(≧ω≦)ノ♪
自分を好きになれること、幸せを感じること、愛されてること
そんな嬉しいものがいっぱいい〜っぱい見えてくるから…

今までもあったけど、見ようとしなかった宝物☆.。.:*・゜



キレイごとだ!偽善者だ!って言われたこともあるけど
私はキレイなことを発信したいの(*´∀`*)

つらいこと、どうにもならないこと
汚いこと、悲しいこと
私が書かなくても、みんなそれぞれの人生で経験してるもの。



厳しいことや喝も他の人に任せて(゚▽^*)☆

人それぞれ苦手や得意があったり
役目があったりするように

「あなたは、あなたでだいじょうぶ」って
肯定される安心の場所を私は作りたいな♪


今でも心の支えになっている
いつでも変わらずに私を愛し
受け入れてくれた祖父母のように

どこまでも優しく
だけど、筋の通った優しさで…。



まあ〜そうは言ってもまだまだですけどね(ノω`*)ノ"

そんなまだまだの過程も楽しんで、肯定していたいなと思うんです。


***


「だいじょうぶ だいじょうぶ」
を聴いたことのない方もいるかな〜と思って貼付けときま〜す♪

ずいぶん前のコンサートで恥ずかしいけど…

こんな時もありました+.(≧∀≦)゚+.゚