TENDER WIND

やさしい風が、ふいてきた。

カテゴリ: エッセイ

私ですね、ものすごい人の言葉を気にして生きてきたんです。 でもね、何だか最近、違うのです。 だってね、人って本当色々言うんだもん。 きっと言われやすいんですよ、私… 「自分もそうなの!!」って思ってる方に読んでほしくて、書いてみます。 髪を切ると 「 …
続きを読む
人の幸せ、喜べますか?

「一緒に悲しむことは出来ても、人の幸せを喜べる人は少ない。」 友人が、そんなことを言ってた。 そうかもしれない。 私の回りも、そうだったかもしれない。 上手く行きかけると、ガツン!!とやられることも多かった。 それが、案外身近な人や、それまで応援 …
続きを読む
もう大人

子供の頃は辛い時、いつも母がいてくれた。 母と喧嘩をしたら、祖母と祖父がいてくれた。 しがみついて泣く場所が、私にはあった。 親元を離れてから、辛い時、やっぱり誰かに話を聞いてほしかった。 それは、恋人や友人だった。 何も解決しないのに、やっぱ …
続きを読む
家族

母としてしか、接していなかったから… 求め過ぎたり、分かってもらえないと悲しかったり、苛立ったり、すごく苦しかったり。 でも、最近、女として、人として、母を見ることが出来るようになった。 可愛い人だと思う。 明るく、才能に溢れた人。 母としては、 …
続きを読む
父とチビ

老犬になったチャムの介護は母がした。 チャムの子供、15歳のチビに寄り添って寝ているのは 「犬はしょせん犬。」 と、犬を可愛がる母や私に目くじらを立てていた父だ。 犬たちを「何人」と言う数え方をしたら怒っていた父は、今、私とたくとと風音を「三人」と …
続きを読む
できること

知人が加害者になったり、被害者になったり 奇跡的に救われた方がいれば、思わぬことで帰らぬ人になった知人もいる。 何が起こるか分からない。 人生は、一瞬で変わることがある。 最近、それを切々と感じる出来事が身近に多い。 世の中がそうなのかもしれない。 …
続きを読む
ただしている

今日は、久しぶり一日お家にいました。 何ヶ月ぶりでしょう。 縫いものをしました。 だた切って、ただ縫う、本当に適当なものです。 でも、心が落ち着きます。 先日頂いた出雲の縁結びの糸を刺繍してみました。 また適当に針を進め、でも案外上手くいきました。 …
続きを読む
間違い電話に、にっこり

珍しく家の電話が鳴る。 「迎えに来てくだちゃい!」 小さな子供の声。 後ろで、おばあちゃんらしき人の声がする。 「また間違ってないね?」 あらら…ご察しの通り。 「もしもし〜。間違ってますよ〜」 「あ〜間違ったみたい。」 ドタドタ… 子供が受話 …
続きを読む